「コラーゲンとは」

... コラーゲンについての間違いのない知識を当サイトで


TOP >>アンチエイジング

アンチエイジング

20歳を過ぎるとコラーゲンは減少します
個人差はありますが、20〜25歳くらいから体内のコラーゲン量は減少していきます。一説では、50歳で50%、65歳では何と70%も減少するといわれています。これは体内での・・・<続きを読む>
コラーゲンでアンチエイジング?
加齢に伴って体内コラーゲン量は減少すると新陳代謝がうまくいかず、新しいコラーゲンがなかなか作られなくなってしまい、これが老化につながります。古いコラーゲンは・・・<続きを読む>
今から始めても大丈夫!
20歳以上の方なら今からコラーゲンを摂取することをお勧めします。それは減少するコラーゲンを補い、老化を遅らせることができるからです。少しでも早く・・・<続きを読む>
年齢を重ねると骨も弱くなります
加齢に伴い身体の骨量が減少(骨が弱くなる)します。骨は建造物に例えると鉄筋コンクリートと同様で、鉄筋の役割をコラーゲン、コンクリートの役割をカルシウムが・・・<続きを読む>
コラーゲンで骨は丈夫になります
コラーゲンやカルシウムをきちんと摂取すれば、骨量が上昇(骨が丈夫になる)します。方法:51〜75歳の男女10名(男2名・女8名)に対し、下記配合のサプリメントを・・・<続きを読む>
コラーゲンの骨に対する役割
骨は単なる身体を支える支持組織ではなく、生体のカルシウムの代謝を調節している重要な器官です。血液中のカルシウム濃度が下がると直ちに骨からカルシウムを溶出して・・・<続きを読む>
コラーゲンは関節の軟骨も修復します
ウサギに対する実験ですが、人体に対しても同様の効果が期待できます。ウサギ膝蓋大腿骨に2mm×4mmの欠損孔を開け、コラーゲンを継続して経口投与・・・<続きを読む>
アキレス腱の修復にも作用します
アキレス腱だけでなく、体中の腱に作用すると考えられます。ウサギのアキレス腱に針で20回貫通穿刺後、コラーゲンを継続して経口投与しました。2週間後の修復・・・<続きを読む>
ペットの関節症への効果も見られます
大切なペットへの効果も顕著です。・・・<続きを読む>
脳とコーラゲン
脳にはコラーゲンが少ない。けれど、少ないからと言って役に立っていないわけではありません。むしろ、重要成分なのです。たとえば、脳細胞に栄養を補給する・・・<続きを読む>
血管とコラーゲン
全身に張りめぐらされた血管を、私たちの身近な鉄道や道路に例えると、鉄道や道路は、私たちの生活に欠かせない物質を補給し、逆に不要になった物質を運び出します。ところが、・・・<続きを読む>
髪とコラーゲン
髪の毛は皮膚の角質が分化してできたものです。そこに栄養を送っている頭皮にコラーゲンが豊富にあれば、栄養が行き届き、抜け毛や白髪の予防にもつながります。コラーゲンが不足し頭皮が・・・<続きを読む>
爪とコラーゲン
髪と同様に爪も皮膚が変化してできたものです。爪が折れやすかったり、でこぼこしたりといった爪のトラブルは、コラーゲン不足の可能性があります・・・<続きを読む>
目とコラーゲン
目の角膜にはコラーゲンが多く含まれていて、外側の細菌やウイルスなど・・・<続きを読む>
歯とコラーゲン
コラーゲンは歯と歯槽骨をつなぐ役割を果たしていて、その主成分がコラーゲンです。コラーゲンが不足すると、歯根膜まで衰え、歯肉も萎縮してしまい食事の・・・<続きを読む>
TOP >> 美肌