「コラーゲンとは」

... コラーゲンについての間違いのない知識を当サイトで


TOP >> コラーゲンQ&A

コラーゲンQ&A

Q:一般的に「コラーゲン」は吸収されにくいと言われていますが・・・?
A:食品やサプリメントからでも、通常のものではコラーゲンは体内に吸収されません。コラーゲンは、特殊製法により低分子化されてはじめて体内吸収が可能になるのです。
Q:「コラーゲン」という言葉をよく聴きますが、そもそも「コラーゲン」とはなんですか?
A:コラーゲンとは膠原繊維のことです。膠(にかわ)と同じ接着剤であり、皮膚・骨・靱帯・軟骨・血管に多く含まれる人体の結合組織で、タンパク質の三分の一を占める重要なタンパク質です。
Q:自分の身体のコラーゲンが不足しているとしたら、身体のどこを見ればわかりますか?
A:コラーゲンは皮膚に一番多く含まれています。動物や魚も皮に多く含まれるので、コラーゲンの原料はいずれも皮から採取します。皮膚がかさついたり、シミ、シワ、弛みが気になる、髪の毛が傷みやすい、爪が割れやすいようなら、コラーゲンが不足していると考えていいと思います。
Q:コラーゲンにはどんな効果があるのでしょうか?
A:コラーゲンを摂ると体内合成が促進されて皮膚・骨・靭帯・軟骨・血管のコラーゲンが豊かになると全身が若返ります。すなわちアンチエイジングです。コラーゲンは25歳を過ぎると合成力が途端に低下してくるのでいつまでも若くあるためには毎日継続して摂取することが重要です。
Q:各種広告を見ると、同じコラーゲンなのにどうしていろいろ値段が違うのですか?
A:コラーゲンの素材価格は、
天然海洋性魚皮 > 養殖豚皮・鶏皮 > 養殖淡水魚ウロコ
となり、天然魚皮がウロコの数倍です。価格が高い素材を使用しているものほど高品質といえるでしょう。販売価格がその順番にならないとしたらそれは信用できません。
Q:飲み始めてどの位の期間で効果が現れるのでしょう?
A:コラーゲンの品質によります。天然海洋性コラーゲンだと1ヶ月以内で様々な効果が現れます。
Q:コラーゲンはたくさん飲めばそれだけ効果があるのですか?また、たくさん摂取した場合は体に害(副作用)はないのでしょうか?
A:たくさん飲めばより効果がありますが、それも素材次第です。天然海洋性コラーゲンはたくさん飲んでも害はありません。
Q:どうしたら安全なコラーゲンを手に入れることができますか?
A:安全かどうかは生産履歴があるかどうか、素材が天然か養殖かを見極めることです。良いコラーゲンはパッケージにそれらが明記されています。明記されていないものは、例え大手企業であろうと疑ってかかる必要があります。
Q:コラーゲンは飲みにくくないでしょうか?どんな形状になっていますか?
A:コラーゲンは臭みがあるためカプセル状のものがありますが、吸収が悪くなるのでおすすめできません。良いコラーゲンは顆粒状で臭みを抑えてあります。
Q:コラーゲンの理想的な飲み方はどうすればいいのでしょう?
A:コラーゲンは吸収されにくいたんぱく質です。一番理想的な飲み方は、早朝空腹時の食前30分に水と一緒に飲むのがおすすめです。
Q:コラーゲンはビタミンCと一緒に飲むと吸収が良くなると聞きますが、どうなんですか?
A:ビタミンCは体内でコラーゲンを合成するときに必要で吸収とは直接関係ありません。日常食生活でビタミンCをとっているだけで充分です。
Q:通常の食べ物にはコラーゲンは入っていないのですか?
A:コラーゲンが多く含まれている食品は皮ですから、ふかひれ、豚足、手羽先などです。一日に必要なコラーゲンは2.5〜5gといわれます。それを食品でとると250〜500g食べなければいけません。毎日継続して食べるには無理があります。しかも脂肪分も一緒にとると不健康になります。
TOP >> 美肌