「コラーゲンとは」

... コラーゲンについての間違いのない知識を当サイトで


TOP >> コラーゲンとは >> コラーゲンの仕組み

コラーゲンは細胞同士を結合しています

全コラーゲン量の40%は皮膚に、20%は骨や軟骨に存在しており、その他血管や内臓など全身に広く分布しています。
コラーゲンを産生する主な細胞は、皮膚に存在する繊維芽細胞、軟骨に存在する軟骨細胞、骨を形成する骨芽細胞などです。
コラーゲンはこれらの細胞から分泌されたのち、細胞の間を埋めて他の糖タンパク質とともに細胞間マトリクスを形成しています。

人の形をつくるのもコラーゲン?

私達の身体は60兆個以上の細胞から構成されていますが、細胞や細胞が構成している臓器は細胞外マトリクスにより正しく形作られています。 コラーゲンはこの細胞外マトリクスを構成しているタンパク質です。
また、細胞の足場となり、その増殖や機能の維持に役立っています。軟骨や骨では基質タンパク質の構成成分として重要な役割を果たしています。
コラーゲンは3本の分子量95,000のポリペプチド鎖(ペプチドとはアミノ酸が2〜50個結合したもので、アミノ酸が50個以上結合したものをポリペプチドと言います)が右巻きに絡み合った3本鎖の構造をしています。
ポリペプチド鎖はα鎖とよばれ、1巻3つのアミノ酸の繰返し構造を持つ左巻きらせん構造をしています。ポリペプチド鎖は3つのアミノ酸毎にグリシンを含み[グリシン-X-Y]、Xはプロリンが、Yはプロリンまたはヒドロキシプロリンである割合が高いのが特徴です。プロリンとヒドロキシプロリンの構造の非柔軟性がコラ-ゲンの硬さを生み出しています。ヒトのコラーゲンは、約30種の異なるポリペプチド鎖の組み合わせにより19種類の型が存在します。 骨と皮膚のコラーゲンは I型で、軟骨のコラーゲンはII型です。

ゼラチンもコラーゲンです

コラーゲンはゼラチンやにかわの原料であり、古くから食材として利用されています。
コラーゲンは熱によって溶ける性質を持っていますので、私達は皮や骨付きの肉、皮の煮込みや豚骨スープ、魚の煮汁(煮こごり)などの料理から日常的に気付かないうちにコラーゲンを摂取しています。
コラーゲンが熱によって変成したものがいわゆるゼラチンです。
ゼラチンをさらに加水分解して分子量を数千程度まで小さくしたものがコラーゲンペプチドで、近年いわゆる健康食品の素材として利用されています。ゼラチンやコラーゲンペプチドは、胃や腸内に存在するタンパク質分解酵素によって消化され、吸収されます。
一方、コラーゲンは自体は3重らせん構造を持ち、さらに繊維を形成していますので通常の消化酵素では分解されず、コラゲナーゼという特別な酵素でしか分解されません。
コラーゲンの効用としては、骨・関節疾患に伴う症状の緩和、骨形成促進作用、美容効果などが標榜され、常に売れ筋ランキングの上位に位置しています。
また、ひざ関節を使うアスリート選手にも人気が高いようです。
現在市場に出回っているコラーゲンを含む健康食品は、1日あたりの摂取目安量は0.1-10gと幅がありました。けれども、その有効性と安全性については、科学的に十分に検討されているとはいえないのが現状です。

 
TOP >> コラーゲンとは >> コラーゲンの仕組み