「コラーゲンとは」

... コラーゲンについての間違いのない知識を当サイトで


TOP >> アンチエイジング >> アンチエイジング対策

アンチエイジング対策

20歳を過ぎるとコラーゲンは減少します
個人差はありますが、20〜25歳くらいから体内のコラーゲン量は減少していきます。
一説では、50歳で50%、65歳では何と70%も減少するといわれています。
これは体内でのコラーゲン合成が25歳を過ぎたあたりから、急に低下するからです。
コラーゲンでアンチエイジング?
加齢に伴って体内コラーゲン量は減少すると新陳代謝がうまくいかず、新しいコラーゲンがなかなか作られなくなってしまい、これが老化につながります。
古いコラーゲンは新鮮なものに比べて繊維が硬く(弾力性がなく)、保水能力もほとんどありません。
そのためにシワといったお肌のトラブルはもちろん、関節痛・骨粗鬆症・生活習慣病(高圧・動脈硬化など)といった症状を起こしかねないのです。
そこで良質のコラーゲンを摂取すると体内コラーゲン合成が促進され、古くなったコラーゲンと置き換わります。
そして皮膚や骨、血管といった組織が若返ります。コラーゲンでのアンチエイジング効果は十分期待できるものです。
今から始めても大丈夫!
20歳以上の方なら今からコラーゲンを摂取することをお勧めします。
それは減少するコラーゲンを補い、老化を遅らせることができるからです。
少しでも早く始められるに越したことはありません。でも今からでも大丈夫です。
 
TOP >> アンチエイジング >> アンチエイジング対策