「コラーゲンとは」

... コラーゲンについての間違いのない知識を当サイトで


TOP >> アンチエイジング >> 減少するコラーゲン

20歳を過ぎるとコラーゲンは減少します

年齢を重ねれば、体内のコラーゲンは減少します
25歳を過ぎた頃から、体内で新しく作られるコラーゲン量が減少して、新陳代謝がうまくいかず、皮膚にたるみやしわ・白髪や抜け毛・高血圧・骨粗しょう症・関節炎・老眼・動脈硬化などが出現します。
コラーゲンの量と年齢の関係

このグラフからエイジング(老化)とは全身のコラーゲンが減少することだと理解できます。20代前半は体内コラーゲン合成が活発ですが、25歳を過ぎた頃から途端に低下してしまいます。

 
TOP >> アンチエイジング >> 減少するコラーゲン