「コラーゲンとは」

... コラーゲンについての間違いのない知識を当サイトで


TOP >> 美肌のために >> 肌とコラーゲン


コラーゲンが肌のもとを作っています

皮膚の中の真皮が大切。
皮膚の構造は、一番外側の表皮とその奥にある真皮、そしてその間にある基底層に分けられます。
表皮に見られる肌は、下(皮膚の中)から押し上げられて、やがて角質層となりはがれ落ちていきます。
はがれ落ちる古い細胞は、垢やフケと呼ばれます。
新しく作られる細胞の状態がよくないと、表皮つまりお肌に影響が出てきます。
真皮の中はコラーゲン同士がしっかり結びつき、その間に水分をしっかり蓄えている状態がいい状態といえます。

日焼けにもコラーゲン

シミにも新陳代謝が重要。
日焼けの原因は紫外線です。太陽からの紫外線を浴びると、肌の内部でメラニン色素が作られます。
肌を保護するためにメラニン色素が作られますが、この現象が日焼け、つまり肌が黒くなる状態です。
通常メラニン色素は、他の細胞と一緒に角質層からはがれ落ちます。
しかし、コラーゲンが不足している状態の肌は、新陳代謝が遅くなります。
体外に排出されないメラニン色素は、シミとなってしまいます。

コラーゲン=美肌

女性の93.5%の方が、コラーゲンに美肌効果があると知っています
コラーゲンについて20〜59歳の女性200人にインターネット調査を行いました。
Q:コラーゲンの効用について知っているものをすべてお選びください。
コラーゲンについて20〜59歳の女性200人にインターネット調査
 
TOP >> 美肌のために >> 肌とコラーゲン