「コラーゲンとは」

... コラーゲンについての間違いのない知識を当サイトで


TOP >> 良いサプリメントとは>> サプリメントの種類

コラーゲンサプリメントの種類

コラーゲンの原料は大きくわけると、動物からできたもの(動物由来)と魚からできたもの(魚由来)があります。

動物由来
動物由来のコラーゲンは、牛・豚・鶏などの皮から抽出されています(牛はBSE以後使用されていません)。
市販されている動物性コラーゲンは豚皮が最も多く使用されているようです。
動物性コラーゲンは、分解能がよくないことが研究論文で明らかになっています。
魚コラーゲンの1/7というデータがあります。
コラーゲンはそのままでは吸収されることはなく、消化酵素で分解されアミノ酸ペプチドになってはじめて腸管吸収ができるのです。
つまり、分解能=吸収能であり、7倍分解能がよい魚コラーゲンの方が、豚コラーゲンよりも7倍吸収能がよいことになります。
魚由来
比較的低価格のコラーゲンサプリメントの中で、魚コラーゲンとかフィッシュコラーゲンと表示されているものがあります。
これらは魚といっても、ウロコ由来のものが多いようです。
ウロコは原料価格が非常に安価なので、製品価格にも反映されているようです。
ウロコは魚皮と同じT型コラーゲンで、その組成は同じです。
ですが、生成の段階で問題があることがあります。
魚皮は柔らかいので加熱と酵素でコラーゲンを完全な形で抽出できます。
ウロコは固いので加熱や酵素ではコラーゲンと取り出せません。
ウロコは塩酸で溶かしています。塩酸はご存じのとおり劇薬です。
残留塩素の可能性があります。
また、ウロコを溶かす際にコラーゲンをも溶かしてしまいます。
コラーゲンが溶かされると活性化が失われ、当然その効果も少なくなります。
そしてウロコはテラピアという養殖魚から採取されることが多く、抗生物質がウロコに移行している可能性も考えられます。
同じ魚由来でも、天然魚皮由来のコラーゲンが安全性や有効性の点で、優れていることがわかります。

高価なものほど効果あり?

食材としての魚の価格は、天然物が高価で養殖物が安価です。
コラーゲンの材料としても同じで、

  天然魚皮 > 養殖豚皮・鶏皮 > 養殖ウロコ

となります。
素材価格が高価なほど高品質のコラーゲンサプリメントとなります。

 
TOP >> 良いサプリメントとは>> サプリメントの種類